悪玉コレステロールを退治する【改善方法は色々】

動脈硬化の原因になります

笑顔の男性

悪玉と言われる理由とは

血液中にはコレステロールと呼ばれる脂質が溶け込んでいます。コレステロールは、人体にとって必要な物質ですが、善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分けて考えることができます。それでは、善玉や悪玉と言われる理由とは、一体どのようなことなのでしょうか。そもそも、コレステロールは油の一種ですから、そのままの状態では血液中に溶け込むことができません。ですから、コレステロールはリポタンパクという状態になって血液の中に溶け込んでいるのです。そして、高比重リポタンパクコレステロールが善玉コレステロール、低比重リポタンパクコレステロールが悪玉コレステロールと呼ばれており、善玉コレステロールは動脈硬化を予防し、悪玉コレステロールは動脈硬化の原因になるのです。

動脈硬化

悪玉コレステロールは、中性脂肪とともに血管壁に浸み込んでしまうことが解っています。その結果、動脈硬化を引き起こすことになるのです。動脈硬化については、様々な血管系の病気を引き起こす原因となることから、日頃から注意が必要です。そして、動脈硬化を予防するためには、血液中の悪玉コレステロールを下げる必要があります。そのためには、動物性油脂を摂り過ぎないことが重要になってきます。また最近では、悪玉コレステロールを下げる効果が期待できるサプリメントを利用する人も増えています。このようなサプリメントの成分として、オメガ3脂肪酸であるDHAが知られていますが、DHAにはダイエット効果や認知症の予防効果もあるのではないかという報告があります。

血液をきれいな状態へ

男女

悪玉コレステロールは血液がドロドロした不健康な状態を言い、これを放置していたら大きな病気を招く原因になってしまいます。そうならないためにも普段の生活から見直していくようにし、健康食品の効果で健康的な状態を目指すこともいい方法です。

Read More